出発前にしておくことTo do list before coming 

パスポート外国へ行く時は必ず必要です。

ビザ 滞在の期間や目的で種類が異なります。※担当者に確認して下さい。

オリエンテーション参加:出発前に荷物の準備から現地到着時、到着後の大切な説明を行っています。

学校への行き方チェック:初日の朝に慌てないために確認しておきましょう。

両替クレジットカードを持ちでも現金は少額でもご用意ください。

・イギリスでもお金が下せる 銀行口座開設長期の方はこちらで銀行開設をするにしても開設まで

 お金をおろせるようにしておかれることをお勧めいたします。

英語の勉強:少し勉強しておきましょう。

 

パスポートを取得する how to apply for a passporT

パスポートはあなたがどこの国の人か証明する大切な書類です。外国へ行くときは必ず必要になります。

ビザもこのパスポートがなければ申請することができません。「留学するぞ」と決めてまだパスポートをお持ちでない場合は、まず申請を。

取得できたら顔写真のページを担当者へ提出しましょう。

申請方法は外務省のHPをご確認ください。クリック

 

申請先は住民表登録をしている都道府県にて行います。それぞれの都道府県の窓口の営業時間などは下記でご確認ください。→クリック

 

ビザ申請する

滞在期間や目的によって必要になるビザの種類が異なりますので、どのビザが必要になるのかを確認しましょう。

ビザの種類は担当スタッフが把握しているはずですが、ビザの要項など頻繁に変更になることが多いので、念のためご自身でも確認されることをお勧めいたします。

下記はビザのタイプを診断するUKBAのサイトです。国籍や滞在目的、滞在期間を入力すると該当するビザがわかります。

ビザタイプ診断はこちら→クリック

 

ビザの種類を全部、あげるとたくさんありますので学生ビザに関して簡単にご紹介ます。

 

学生ビザの種類

・短期学生ビザ(Short-term Study visa):最長11カ月までの滞在許可がでます。

 6カ月以内の就学期間の方:到着時に空港の入国審査の際に取得できます。イギリス滞在中にビザの延長、就労は不可。

 6カ月以上の就学期間の方:日本出発前に申請が必要。Health Surcharge料金の支払いと入国後のBiometric Residence Permit(カード)の

              受け取りが必要。イギリス滞在中にビザの延長、就労は不可。

 

・学生ビザ Tier 4 Student Visa渡航前のビザ申請が必要でコースによって滞在許可の期間が変わりまが、現地での滞在延長や就労も可能。

              Health Surcharge料金の支払いと入国後のBiometric Residence Permit(カード)の受け取りが必要。

  

こうしてみると学生ビザTier 4 Student Visaがとても魅力的ですが、このビザは英語学校では取ることができません。 

 

オリエンテーションに参加する

国際交流センターでは出発前にオリエンテーションを行っております。このオリエンテーションでは荷物の準備、入国、ホームステイ先や寮、学校などの現地での注意点をご案内しております。事前に持ち物や心の準備をしておくと入国や滞在が楽になります。

 

オフィスまで少し遠くてもぜひお時間を作ってご参加ください。

 

学校までの行き方を確認しておく

初日に慌てないために学校への行き方を事前に確認しておきましょう。多くの方が週末のご到着です。土曜日到着であれば日曜日を利用して下見も可能ですが、日曜日到着の場合は翌日に学校となります。

 

学校までの行き方は

1.ジャーニープランナーで滞在先と学校のポストコード、到着したい時間を入力して交通手段と所要時間を検索

2.Googleで滞在先と学校周辺を検索して最寄駅まで、あるいは最寄駅からを確認

がお薦めです。

 

ジャーニープランナーの使い方は現地生活のところで紹介します。⇒クリック

 

出発前にトラベルカードやオイスターカードをご用意したい方は・・・

地下鉄の窓口は外国人はもちろん、観光できているイギリス人も並んで質問するので週末や月曜日の午前中は特に込み合うことがあります。

「学校に遅れる~」と焦りたくない方は日本出発前にオイスターカードをご購入いただくことが可能です。

滞在が1週間だけ、というかたは「ロンドン・トラベルカード(London Travel Card)」1週間以上のかたは「ビジターオイスターカード(Visitor Oyster Card)」をおススメいたします。

 

詳しくはこちら→クリック

 

地図を用意しましょう!

スマートフォンでGoogle Mapを見ればいいか~、なんて思っていたら

充電し忘れていた!

学校の正しい住所がどこにあるかわからない!

学校名で検索したら移転してた!

スマートフォンで見る範囲が狭くて自分の位置がわからい!

と挙げればきりがないですが、月曜日の朝、焦って緊急連絡先へ電話が来ます。

 

アナログですが地図をお持ちになると自分のいる場所、行きたい場所が把握しやすいので簡単な地図をお持ちになると便利です。

ロンドンに地図はここでも購入できます⇒クリック

※上部にあるトラベルエッセンシャルにカーソルを合わせると「地図」と出て来るのでそれをご確認ください。

 

両替しておく

到着してから両替を空港で、と言われる方が時々、いらっしゃいます。ヒースロー空港での両替は手数料が高く、レートも悪いのでお勧めしません。

初日に全く現金が手元にないのは心配、とう気持ちもよくわかります。

じゃあ、どうするのがいいのでしょう。時間に余裕のある方は出発前に銀行や両替専門店で、時間に余裕のない方は日本の空港でいたしましょう。

 

下記は本日(20143月)のヒースローのレートです。

2015年12月の日本の空港VSヒースロー空港比較はこちらを→クリック

 

1=¥196.913

手数料:最低£3.00

さてこのレートで「取りあえず」1万円分を両替するといくらになるでしょう。

10.000円÷196.913=£50.78

そしてこれからマイナス£3.00で渡されるのは47.78です。

 

さて、成田空港の両替所だとどうでしょうか。

1=¥181.40

手数料:0

渡されるのは55.13

 

7.35の差です。

この金額だとパブでのランチ(飲み物込)やマクドナルドのセットでお釣りがもらえます。

Bootsなどのミールディール(サンドイッチまたはパスタなど+ボトル入りの飲み物+デザートまたはスナック菓子)なら2回買ってやっぱりお釣りがきます。

ということで「取りあえずの両替」は日本で出発前がお勧めです。 

イギリスの通貨関してはイギリスの基本情報でご紹介しています。 

 

今日のレートをチェックしたい方はここをクリック

 

イギリスでもお金がおろせる 銀行口座開設

イギリスでもお金がおろせる 銀行口座開設をしておきましょう。長期留学やワーキングホリデーでお越しのお客様はイギリス到着後に銀行開設も可能ですが必要な書類を揃えたり、アポイントメントを取るのに時間がかかりすぐに口座が開けないこともあります。

特に9月は大学や専門学校の新入生が多いため、予約がすぐに取れないことがあります。

 

かといって大金を持ち込むのはお勧めできません。ということで、出発前に日本からお金をおろせる口座をつくるあるいは現在、お持ちの口座からお金をおろせるよう手続きをお済ませください。

 

海外でお金をおろせる銀行は三井住友銀行や三菱東京UFJなどがあります。

 

英語の勉強

帰国後のアンケートに「出発前に英語の勉強をしておけばよかった」という声がたくさん挙げられています。

難しい単語をたくさん知っている必要はないので、簡単なあいさつや意思表示を練習しておかれることをお勧めいたします。

出発前の英会話レッスンも本社、支店で提供されているのでぜひ、ご参加ください。


申し込んだ本社や支店が遠くて通えないし・・・という場合はマイペースに自宅で無料で英語ができるこのサイトがお薦めです

クリック

 

文法やリスニング、ライティングなどの無料テストです。登録制ですが必要なのは名前、生年月日、国、メールアドレスだけ。

ロンドンスタッフもリスニングに挑戦してみました。イギリスのタレント発掘番組出身のオリー・マースの歌を聴きながら歌詞の穴埋めをしたり、

ハリー・ポッターでおなじみのダニエル・ラドクリフのインタビューを聞きつつの会話の穴埋めなどあり、テストですが楽しみながら受けることができました。

 

「もっとやってみたい」という場合は有料でアップグレードすることもできるようですが、出発前は無料版で十分だと思います。