到着日当日の流れ how to entre UK and how to meet  staff

ヒースロー空港に到着したら、まず入国審査(Immigration)へ向かってください。ここでは入国審査、荷物の受け取り方、スタッフまたは学校からのお迎え係員のとの会い方を説明いたします。 


1.入国審査(Immigration)へ向かいましょう

飛行機がヒースロー空港に到着したらArrivals(到着)の黄色いサインに黒い文字の表示に沿って進みましょう。乗り継ぎの人もいるので、他の人の流れに沿って進むのではなく、自分の目でArrivalsの表示を確認して進みましょう。

2.入国審査(Immigration)では

入国審査(Immigration)では下記のものを提示してください。

 パスポート

入国審査の用紙(機内で配布され記入したもの)

③学校からのSchool Letter

滞在先(ホームステイや寮)の詳細

帰りの航空券(お持ちであれば)

⑥送迎や現地係員の緊急運連絡先

 

ワーキングホリデーの方はSchool Letterをお持ちででも提示は控えて下さい。

学生と勘違いされて間違った入国スタンプをもらってしまうこともあります。

 

入国審査係員の質問が分からない時は、適当にYesNoでは答えず、Pardon?と聞き返してください。

 

入国審査の際には下記の質問が多いので事前に答えを用意しておきましょう。

1.How long do you intend to stay in UK?(滞在期間)

2. Where do you stay in UK?(滞在場所)

3. How long do you go to school?(学校の期間)

4. What are you going to do after you finish school?(学校のコース終了後は何をするのか)

5. Who is coming to the airport to pick you up today?(今日は誰が迎えに来ているか)

 

入国審査後に係員がスタンプを押します。

 

3.荷物の受け取り

Immigrationで入国のスタンプをもらったら、ターンテーブルでスーツケースを受け取りをします。

どの便の荷物がどのターンテーブルから出てきているかモニターに表示されているので、ご利用になった便の便名を確認して所定のターンテーブルにて日本で預けた荷物をお受け取りください。

 

乗継便をご利用の方は乗り継ぎ地からヒースローまでの便名を確認して下さい。

※すぐに荷物が出てこないこともあるので、両替やトイレをお済ませ下さい。

 両替は極力、日本でお済ませ下さい。空港で両替をする場合、日本の空港のレートの方がいいです。

また、クレジットカードやキャッシュカードをお持ちでも急に必要になることもあるので、少しは現金をご用意ください。

 荷物の確認:荷物に(新たな)破損を発見した場合、荷物が出てこない場合は航空会社係員に声をかけてください。 

注)荷物が出てこない場合!

 荷物が出てこない場合は

①荷物の特徴を伝える(これはアンケート用紙のようなものがあり、多くの場合、空港職員が記入を手伝います)

②荷物の送先:ホームステイ先など

③連絡先(電話番号):ホームステイ※平日の昼は不在にしていることもあるので、学校やロンドンオフィスの電話番号、ご自身の携帯番号も渡しましょう。

この3つが必要になります。ここで終わりではありません。

荷物が出てこないのは不便です。航空会社にOver night kit(一泊セット)をもらいましょう。

Can I have an over night kit”と言ってください。

ない場合、” I need to buy daily things. Can I have budget for them”と言って現金を要求してください。

その場で現金手渡しではない場合、ある程度の額内でものを購入し、後日、日本で(長期滞在の場合はロンドンで)領収書を提出して清算となります。

その場合は限度額を確認してください。

 

この交渉をせずに出て来られると手続きをするところが遠かったり、かなり時間がかかり手続きができないことがほとんどなので、必ず交渉して出てきましょう。

4.税関

日本のように税関カウンターを全員が通り抜けるのではなく、申告するものがある人が自己申告する形になるので

気がつかないうちに通り抜けていることがほとんどです。

ちなみに申請するものがある場合はDeclareの方へお進みください。

 

5.スタッフと合流

パッケージプランでお越しの方はスタッフが到着ロビーで国際交流センターの赤いロゴ・ステッカー(オリエンテーションで配布されたものと同じもの)を張ったサインを持ってお待ちしております。

 

スタッフはみなさんのお顔を存じませんので、みなさんのスーツケースに貼ってあるステッカーを目印に探しております。

オリエンテーションで配布されたステッカーを日本語出発の際にスーツケースに貼っていただくよう、お願いいたします。

 

みなさんもオリエンテーションで配布されたステッカーを目印にスタッフを探してください。

それぞれのターミナルに待合わせ場所があるので必ず担当者に確認して下さい。

スタッフが念のためドライバーさんとみなさんがお持ちの滞在先の住所が同じものか確認いたしますので、どうぞ滞在先の詳細がすぐ出せるようご用意ください。

 

ターミナル3のスタッフとの待ち合わせ場所・M&Sの看板前


ターミナル4のスタッフとの待ち合わせ場所・

Costa前のインフォメーションデスク(i)付近

 

ターミナル5のスタッフとの待ち合わせ場所・

Costa前の到着インフォメーションモニター付近


6.運転手さんまたは学校スタッフと滞在先へ移動

スタッフからロンドンの地下鉄地図を受け取ったら、いよいよ滞在先へ向けて運転手さんまたは学校スタッフと一緒に移動となります。

 

到着当日の自力で滞在先へ移動する方は・・・・

 

ロンドン内:空港から滞在先へ地下鉄やバスなどの公共交通機関をご利用になる方はジャーニープランナーをご利用ください。

ロンドン以外の都市へ

 空港から長距離バスを利用する場合はナショナルエクスプレスをご利用ください。日本でヒースロー空港からどの都市までも一律料金で往復チケットを

 購入するとこも可能です。ナショナルエクスプレスのHPから購入する方が安い場合と日本で一律料金の往復をご購入いただいた方が安い場合とあります。

 それぞれのサイトを比較なさってください。

 ナショナルエクスプレス→クリック

 一律料金チケット→クリック

 空港から地下鉄で鉄道駅へ、それから鉄道利用で、といわれる場合はジャーニープランナーとナショナルレイルをご確認ください。

 列車の旅を計画する時にはNational Rail Enquiriesをご利用ください。

 National Rail Enquiriesはこちらから→クリック 

長距離バスや列車のチケットは当日でも購入できますが、長距離バスは席に限りがありますので事前の席の予約、チケット購入をおススメいたします。

また、列車もロンドンからかなり離れる場合はやはり事前に席を確保なさることをおススメいたします。 

 

7.滞在先に到着

ホームステイ先に到着したら、まずはご挨拶。お互いに自己紹介(名前を名乗りあうくらいです)が済んだら家のルール等を確認しましょう。

ホストファミリーから注意がなくてもWould you tell me your house rules?など声をかけてください。

週明けに学校に通う方は特に最寄の駅、またはバス停から学校最寄り駅への行き方などを確認しておきましょう。

英語が上手ではないから、と引っ込み思案になる方も多いですが、コミュニケーションを諦めないことが大切です。

また、お金を払っているから自分はお客さん、という感覚は捨てましょう。相手はその分の部屋、食事、水道、電気Etcを提供しており、対等な関係にあります。 

ホームステイに関してはこちらもご確認ください。→クリック