10月のイベント events in October 2016

いよいよ秋も深まってきました。日本では秋、といえば「食欲の秋」、「読書の秋」、「スポーツの秋」など文化を楽しむ季節。10月のロンドンでのイベントはそれにふさわしくアートやフード、スポーツ、文化を楽しむものが増えるとともに屋外でのイベントが主になってきます。

 

01日(土)~31日(月)The Big Draw

「描けない」なんてセリフを撲滅すべくイギリスの1,000以上の団体が繰り広げる「お絵かき」キャンペーン。今年のテーマはSTEAMScienceTechnologyEngineeringArtMaths)でアートを通して科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学を楽しんだり、組み合わせたりするもの。年齢に関係なくお絵かきを楽しめるような様々なイベントがイギリス中の博物館、ギャラリー、図書館、学校、公園などで行われます。

多くのイベントが色々な場所で行われるので詳しくはこちらをクリック

昨年のケンブリッジでのThe Big Drawイベントの様子はこちらをクリック

 

101日(土)~1030日(日)Photomonth

2カ月に渡って多くのギャラリーと協力してロンドン・イースト・エンドで行われる写真フェスティバル・PhotomonthOld Truman Breweryで行われるThe Photoblockなど大きなイベントもあれば小さなギャラリーで行われる写真家のミートアップ(交流会)などもあり。

場所、スケジュールなど詳しくはこちらをクリック

 

10月1日(土)、2日(日)The Classic Car Boot Sale

キングスクロスのLewis Cubitt Square100台以上のクラシックカーが集まり、繰り広げられるカ・ブーツ・セール(車のトランクを売り台にして使用可能な不用品を屋外で展示販売すること)。クラシックカーのみならず音楽、ダンス、フードも楽しむことができるイベント。

場所:Lews Cubit Square 最寄駅:King’s Cross駅 時間:午前10時~18時 料金:£5

詳しくはこちらをクリック

 

10月1日(土)、2() Fun Palace

イギリス国内200カ所以上で繰り広げられるFun Palace1961年にJoan LittlewoodCedric Priceが「Fun(楽しさ)の実験室」としてアートとサイエンスを年齢に関係なく楽しめるモバイル・ハウス(移動家屋)を提供したことに影響されて始まった無料イベント。イベントの規模は様々でロンドン内ではSouthbank CentrePolka TheatreBrockwell DidoCrystal Palace ParkHalf Moon Theatreなどで行われます。

場所、イベント、時間などはこちらをクリック 

 

105日(水)~11日(日)London Cocktail Week

カクテル試飲、パーティ、カクテル作り教室などが楽しめるカクテル三昧の1週間。イベント用のという別リストバンドを購入するとロンドン中の200以上のバーで£5でカクテルが提供さるます。

場所、時間、イベント内容など詳しくはこちらをクリック 

 

10月5日(水)~16日(日)BFI London Film Festival

今年で60回目を迎えるBFIロンドン・フィルム・フェスティバル。プレミアにはニコール・キッドマン、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、ルピタ・ニョンゴが招待され、A United KingdomLetters from Baghdadで幕を開け、期間中はオスカー受賞が期待されるLa La LandThe Birth of a NationSnowdenなどが上映されます。

場所:BFI Southbank 最寄駅:Waterloo駅 

詳しくはこちらをクリック 

 

10月5日(水)~9日(日)PAD London Air Fair

今年で10年目を迎えるThe Pavilion Art & Design (PAD) London Art Fair1860年代から今日までのモダン・アート、デザイン、フォトグラフィー、ジュエリーなどを集めたアート・フェア。

場所:Berkeley Square 最寄駅:Green Park駅 料金:£20(学生£10)

詳しくはこちらをクリック 

 

105日(水)~27日(木)Pause and Play: Impulse

日暮れが早くなるロンドンの秋に明かりを灯すImpulse。レスタースクエアに動くと音やライトが反応する仕掛けとなっているインタラクティブ・ライトアップ・シーソーが15台設置され、子供たちだけでなく、大人も思わず立ち止まって(Pause)、遊び(Play)たくなること間違いなし。

場所:Leicester Square 最寄駅:Leicester Square駅 料金:無料

詳しくはこちらをクリック 

 

106日(金)~201725日(日)Picasso’s Portraits

ピカソのアートにおける驚きの多様性と革新性を要約したピカソの描き出した肖像画。ピカソの家族、友達、愛人たちの肖像作品80点以上にフォーカスし、画家が思想から人生、ユーモアに富んだ風刺画、印象的な絵画を自由に行き来したクリエイティブなプロセスを浮き彫りする展示イベント。少年時代の現実的作品から人生後期のおおらかな作品までカバーし、中には英国内で初公開となるものも含まれています。

場所:National Portrait Gallery 最寄駅:Leicester Square駅 料金:£17.50

詳しくはこちらをクリック 

 

106()9() Frieze Art Fair

コンテンポラリーのアート・フェアで世界中の約160のギャラリーから集めた作品がRegent’s Parkに展示。公園内のEnglish Gardenに設置されたSculpture Parkは好評で昨年は期間を3カ月に延長することに。入場料は決して安くありませんが、17時以降の入場は割引あり。同時期に同じくRegent's Park内のGloucester Greenに姉妹イベント・Frieze Mastersも催されます。

場所:Regent’s Park 最寄駅:Regent’s Park駅 料金:£36.55(大人)*学生割引あり

詳しくはこちらをクリック 

 

106()9() The Other Art Fair

Frieza Weekなどアート・イベントの多い週ですが、その中でもちょっと変わったアート・イベント「The Other Art Fair」では剥製術、没入型(のめり込むような)シアター、クラフト・ビール、それにDJまで加わります。その道のエキスパートが選びぬいたアーティストの作品が展示され、その場で購入することも可能。

場所:The Old Truman Brewery 最寄駅:Algate East駅 料金:£15.40

詳しくはこちらをクリック

 

10月7日(金)~22日(土)Dance Umbrella

ロンドン内の16カ所で行われるダンス・フェスティバル。今年の幕開けはSadler’s WellにてUnknown Pleasure(知られざる快感)として名前を公表せずに5人の振り付け師が1つの作品を提供。他にテイト・モダン、バービカンなどで世界的に有名あるいは注目される振付師やダンス・メーカーがフェスティバルを盛り上げます。

場所、スケジュールなど詳しくはこちらをクリック 

 

10月9日(日)The Royal Foundation Half Marathon

ロンドン中心地にあり親しまれている公園4つで行われるハーフマラソン。スタートとゴールはハイド・パークでバッキンガム・パレス前、セント・ジェイムジズ・パーク、ビッグ・ベン、ブラックフライアーズ・ブリッジ、グリーン・パーク、ケンジントン・ガーデンズなどを走り抜けます。

場所:ハイド・パーク(スタートとゴール) 最寄駅:Hyde Park駅 開始時間:午前9時半*参加したい人は事前登録が必要

詳しくはこちらをクリック

 

1012日(水)~2017115日(日)Beyond Caravaggio

イタリアのバロック・アーティストであるカラバッジョ(15711610)の代表作「エマオの晩さん」の他に英国国内のナショナル・トラスト、個人のコレクターからの作品やカラバッジョの主要なパトロンだったマッテイ家が元々、所有していた作品など約50点の作品を集めた展示イベント。

場所:National Gallery 最寄駅:Charing Cross駅 料金:£14.00(学割で£7.00)

詳しくはこちらをクリック 

 

1014日(金)~16日(日)The Chocolate Show

チョコレート作りのデモンストレーション、テイスティング、チョコレート関連のアクティビティ、お買い物とチョコレートづくしのイベントがロンドン・オリンピアで行われます。

場所:London Olympia 最寄駅:Kensington Olympia駅 料金:£12.50(前売り券)、£15(当日) 

詳しくはこちらをクリック 

 

1014日(金)~2017212日(日)The Victorian Entertainments: There Will Be Fun

装飾の美しいポスター、ちらし、広告、チケットなどの原本の展示を通して手品やスタンド・アップ・コメディや芸をする動物など、今日のエンターテイメント(娯楽)に大きく影響を与えたであろうヴィクトリア時代のエンターテイメントにスポットを当てた無料イベント。1217日まで毎週土曜日の15時~17時にはコンテンポラリーの俳優やその他のパフォーマーたちを迎え、イベントを更に盛り上げます。

場所:The British Museum 最寄駅:King’s Cross駅 料金:無料

詳しくはこちらをクリック 

 

1015日(土)African on the Square

アフリカ文化を紹介する半日イベント。アフリカン・ドラムの演奏、タレントショー、ファッションショーがあり、マーケット、屋台、音楽、DJ、ダンスなどを楽しむことができます。

場所:Trafalgar Square 最寄駅:Charing Cross駅 時間:正午~1800 料金:無料

詳しくはこちらをクリック ※サイトの画面右手のイベント欄をご覧ください

 

1016日(日)Diwali Festival

別名「光のフェスティバル」とも呼ばれるヒンズー教、シーク教、ジャイナ教のカラフルなお祭り。会場となるトラファルガー・スクエアではコンサート、現代アジア・音楽、ダンス、トラディッショナルな宗教音楽はもちろん他に東南アジアのベジタリアン・フードやカラフルな小物やサリーなどを販売する露店も。

場所:Trafalgar Square 最寄駅:Charing Corss駅 時間:13時~17

詳しくはこちらをクリック ※サイトの画面右手のイベント欄をご覧ください

 

1018日(火)~25() London Science Festival

自然史博物館、センター・オブ・セル(クイーン・メアリー大学のホワイト・チャペル・キャンパス)やUniversity of Londonを中心として科学者、アーティスト、博物館、大学が協力して提供するどの年代も楽しむことができるロンドン科学フェスティバル。ロンドンの数カ所で行われており、多くが無料で提供されています。

詳しくはこちらをクリック

 

1019日(水)~23日(日)Bloomsbury Festival

期間中、大英博物館のある場所として知られているブルームズベリー・エリアで芸術的、科学的、文学的なイベントが150以上も繰り広げられる5日間のフェスティバル。中には誰でも参加できる屋外ストリート・パーティ、子どもたちが演じるオペラなどもあります。

イベントの場所や時間など詳しくはこちらをクリック

 

1020日(木)~23日(日)Made London – The Degign and Craft Fair

ガラス細工、テキスタイル、ジュエリー、陶芸作品をOne Maryleboneで展示、販売。イギリス国内からの芸術家の作品が主で、芸術家自身も参加するので彼らと作品について語り合うこともできます。

場所:One Marylebone 最寄駅:Great Portland Street駅 

詳しくはこちらをクリック 

 

1020日(木)The London Porridge Championship

14人の専門家がポーリッジチャンピンオンの座を競います。会場には「自分オリジナル・ポーリッジ・レシピ自慢」をしたい方々も招かれ、専門家たちを驚かせる予定。オリジナル・レシピ自慢をしたい方は下記のサイトからご応募なさってください。ラッキーなあたなは無料ご招待、となります。

応募したい方こちらを→クリック

場所:Waitrose Cookery School 最寄駅:King’s Cross 駅 料金:£4

詳しくはこちらを→クリック 

 

1021日(金)~23日(日)OM Yoga Show

有名なヨガ・インストラクターを招いて行われるOM Yoga Showでは多くのヨガセッションが提供されます。セッションはどのレベルもカバーしており、無料のものから事前予約が必要な有料のものもあり。会場内では化学物質の含まれてないヨガマットから3週間の瞑想ホリデーまで幅広く販売されます。

場所:Alexandra Palace 最寄駅:Bounds Green駅 料金:£10

詳しくはこちらをクリック 

 

1021日(金)Step Out Store Street

100人以上のアーティストやダンサーを招いてBloomsbury Festivalの一部として行われる夜のストリート・パーティで、ダンスは様々でハリウッド風もあれば、スウィングあり、B-Boyやラインダンスもありです。一緒に踊りたい方はぜひ、踊ってください。今年のテーマは「Language

場所:Store Street 最寄駅:Goodge Street駅 時間:1830分~

詳しくはこちらをクリック 

 

1023日(日)October Plenty

オクト―バー・プレンティは古い季節的なイベントとシアターによるコンテンポラリーな祭典を混ぜ合わせた収穫祭。シェイクスピア・グローブ付近のBanksideで始まり、ゲームやダンス、収穫イベントの行われるBorough Marketで終わります。

場所:Borough Market 最寄駅:London Bridge駅 料金:無料

詳しくはこちらをクリック 

 

1027日(木)~2017226日(日)South Africa: the Art of a Nation

南アフリカの10万年の歴史を考古学的に、歴史的に、そしてコンテンポラリー・アートを通して振り返る特別展示イベント。200程の展示物を年代順に、そして植民地時代、アパルトヘイト時代、レインボー・ネイション」の誕生など7つの大まかなエピソードに分けて、今日の南アフリカまで見ることができます。

現存する最古の聖書や初期の新約聖書など200もの展示物を披露するEgyptFaith after the Pharaohsでは、古代エジプトでキリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒がどのように共存していたかや、宗教が毎日の生活にどのように取り入れられていたかを紹介。

場所:大英博物館 最寄駅:Tottenham Court Road駅 料金:£1

詳しくはこちらをクリク 

1028日(金)~30日(日)MCM London Comic Con

イギリスで最大のポップカルチャーイベントで映画、ビデオゲーム、コミックなどを主としたイベント。会場には有名なコミックの制作者やゲストが会場を盛り上げます。今年のゲストはハリー・ポッターやスター・ウォーズでおなじみにWarwick Davis。特別なゲーム・ゾーン、コスプレなどもあり、世界中からの映画、コミック、アニメ、マンガなども購入するできるチャンスが。

場所:ExCel London 最寄駅:Conning Town駅 料金:£15

詳しくはこちらを