2018年3月のイベント Events in March 2018

3月になると庭先のスイセン、クロッカス、ヒヤシンス、ヒヤシンス、ネコヤナギなどが目を楽しませてくれます。まだまだ寒いですが、セントパトリック・デーなども外で楽しむイベントも少しづつ増え、最後の日曜日には夏時間が始まり、ますます日が長くなり、本格的に春の訪れを感じることでしょう。

 

3月1日(木)~3月4日(日)The Spring Knitting and Stitching Show  

200以上の会社が集まってソーイングやクラフトに使える様々な製品を展示。編み物やソーイング、刺繍の超初心者でもその道のエキスパートがアドバイスしてくれるので安心。

場所:Kensington Olympia 最寄駅:Kensington Olympia駅 料金:£6~ ※時間は日によって異なります。

詳しくはこちらを→クリック

 

3月2日(金)~92日(日)Brief Encounter(邦題:逢引き)

ノエル・カワード氏が舞台作品として書き上げ、1945年に映画化されたBrief Encounter10年前にエマ・ライス氏が脚色、演出し大ヒット。今回はAlec役にJim SturgeonLaura役にIsabel Pollenを起用し映画ベースの舞台となります。

場所:Empire Cinema Haymarket 最寄駅:Piccadilly Circus駅 料金:£20

ストーリーを知りたい方はこちらを→クリック

詳しくはこちらを→クリック

 

3月7日(水)~11() The Women of the World FestivalWOW

Jude KellySouthbank Centreのアーティスト・ダイレクタ―に就任した際に女性であるために批判を受けたことから始まったこのイベントは今年で8年目を迎え、今では5大陸の100万単位の人が関わる世界最大の女性フェスティバルとなりました。昨年はハリウッドから国会まで世界中に広がった「Me Too」運動、今年はイギリスで一部の女性に選挙権が認められて100年、とタイムリーといえるイベント。トーク・ショー、コンサート、パフォーマンス、ワークショップなどが行われます。

場所:Southbank Centre 最寄駅:Waterloo駅 

料金や時間などはイベントによって異なるので詳しくはこちらを→クリック 

 

3月8日()99() Picasso 1932 – Love, Fame, Tragedy

ピカソが20世紀で最も影響力のある芸術家として評価を確立し「驚異の年」といわれる1932年の作品を月ごとに追い、100以上の作品を通してそのLove(愛)、Fame(名誉)、Tragedy(悲劇)を垣間見る展示イベント。中でもLe RêveThe Dream)はイギリスで初公開となり注目されます。

ピカソのLe Rêveの解説はこちらを→クリック

場所:Tate Modern 最寄駅:Blackfiars駅 料金:£22

詳しくはこちらを→クリック

※現在、行われているイベントが表示されます。少し先のイベントを確認したい場合は画面上部にあるExhibitions & Eventsのタグをクリックし、表示された画面のWhereの欄でTake Modernを選択し、Whenの欄のカレンダーで希望日をクリック、Go(オレンジのボタン)をクリックして確認なさってください。

 

3月8日(木)~11日() Affordable Art Fair

年に二回行われるAffordable Art Fairではそのタイトル通り、一般の方でも手の出る範囲(Affordable)の£100ちょっとから£6,000の写真、オリジナル絵画、彫刻などのアート作品を100以上の国内外のギャラリーから集めて紹介。毎回、約2万2千人を動員し人気のあるイベントの一つ。

場所:Battersea Evolution 最寄駅:Sloan Square駅 料金:£10

詳しくはこちらを→クリック 

 

3月10日(土)~4月10日(土)The Great Wave

日本と北朝鮮を舞台にしたFrancis Turnly脚本、Indhu Rubasingham監督のスリラー。津波に巻き込まれた10代の姉妹、Reikoは生き残りHanakoは行方不明となるが、母親はHanakoの不在を受け入れられずにいる。

場所:National TheatreDorfman Theatre 最寄駅:Waterloo駅 料金:

詳しくはこちらを→クリック

 

3月11日(日)Mothers Day           

母の日。日本のお母様にラインではなく電話をかけたり、ホストマザーにカードを送ったりしてみては。

 

 312日(月)~18() London Beer Week

London Beer Week1週間の間、£5のデジタル・パスを購入するとロンドン中75カ所のバーでビール、サイダー、スタウト(黒ビール)、エールなどから3ドリンクの試飲が可能。今年は昨年までのようにリストバンドを事前にピックアップする必要がなくなり、携帯でアクティベイトすればOK

細かいイベント内容、場所、時間など詳しくはこちらを→クリック 

 

3月12日(月)~421日(土)Caroline, or Change

アメリカ市民権運動中の1963年、ルイジアナを舞台としたオリバー賞受賞作品。市民権運動でものごとが変わろうとしていても、Gellman家に変化なしにみえる。8才のNoahは母親を失い、父親は再婚し悲しみに暮れ、地下にある黒人メイドCaroline Thibodeauxとコッソリ時間を過ごす。ミセスGellmanCarolineにもう少し稼げるよう出したオファーでNoahCarolineの関係が変わっていく。

場所:Hampstead Theatre 最寄駅:Swiss Cottage駅 入場料:£10

詳しくはこちらを→クリック  

 

3月14日(水)~16() London Drinker Beer & Cider Festival

34回目を迎えるビールとサイダー(アルコール入り)フェスティバル。今年はロンドンの醸造所をサポートすべくメイン会場にロンドンでつくられるビール、エールが紹介され、他には国内外からの17カ国のビール、サイダー、ペリーなど200種類以上が集められ、今年はワインセクションも設けられます。

場所:Camden Centre 最寄駅:Kings Cross駅 入場料:£4

詳しくはこちらを→クリック  

 

3月14日(水)~85()  Joan Jonas

芸術活動50年、大きな影響力を持つアメリカ人アーティストJoan JonasTate Modern2階とThe Tanksで行われる展示イベント。元々は彫刻家としてトレーニングを受けいていたJoan Jonas1960年代に振付師であるTrisha BrownYvonne Rainderに出会い、次第にパフォーマンスアートやビデオを用いたアートに目覚める。イベントではグリム童話の変形版から政治イベントへの言及など彼女のストーリー・テリングへの情熱や私物も見ることが可能。Joan Jonasは今年のBMW Take Live Exhibitionでも取り扱われる予定。

場所:Tate Modern 最寄駅:Blackfiars駅 料金:£22

詳しくはこちらを→クリック

 

3月16日(金)~18日(日) MOVE IT

バレエ、ソーシャルダンスからヒップホップまで全てのダンスをカバーするダンス・イベント。会場には有名ダンサーや振付師もやってきます。初心者から上級者まで参加可能な100以上のダンスレッスンやワークアウトなども用意されます。

場所:ExCel London 最寄駅:Cunning Town駅 料金:£17

詳しくはこちらを→クリック 

 

3月16日()325() BMW Tate Live: Ten Days Six Nights

BMWがスポンサーとなり時間と空間を設備、パフォーマンス、フィルム、ビデオ、音とトークで演出する10日間のライブ・エキスビション。

場所:Tate Modern 最寄駅:Blackfliars駅 料金:無料 ※Joana Jonasなど一部の特別ライブやトークショーなどは有料

詳しくはこちらを→クリック 

 

 3月16日(金)~18日(日)St Patricks Day Festival

317日はアイルランドの守護聖人・セントパトリックを祝うSt Patricks Day。それにちなんで週末にロンドンでパレードやフェスティバルが行われ、アイルランドの小物や食べ物を購入できたり、フィルムフェスティバルで映画鑑賞などもできます。

場所:ロンドン中心地 料金:無料

ロンドン内の数カ所で行われるので詳しくはこちらを→クリック 

※近いイベントは最初のページに表示されます。ご希望のイベントが表示されてない場合は画面の右下部にある「Full Calendar」をクリックして下さい。

 

3月18日(日) Where's Wally? Fun Run

5キロまたは10キロの道のりを「Wheres Wally?(ウォーリーを探せ)」でおなじみの赤と白のストライプのTシャツを着て歩いても、ジョギングでも、もちろんシッカリ走ってもOKのチャリティ・イベント。

12才以下には1キロコースも用意。£25の登録費用にはウォーリーのコスチュームが含まれ、大人の参加者は£100以上の基金調達が求められます。収益金は恵まれない子どもたちの読み書きのチャリティに寄付されます。

場所:Clapham Common 最寄駅:Clapham South駅 参加費:£26※参加費にはコスチューム代が含まれます。見学は無料

詳しくはこちらを→クリック 

 

3月22日(木)~105()  Anthea Hamilton

刺激的で遊び心たっぷりの作風で知られる2016年のターナー賞にノミネートされたAnthea Hamilton氏が彫刻とパフォーマンスを組み合わせてTate BritainDuveenギャラリーを飾ります。煉瓦の壁に18フィート(約5.5メートル)のオシリのスカルプチャーを取りつけたターナー賞ノミネート作品「Lichen! Libido! Chastity!」ニューヨーカー紙に「ニューヨークで最も風変わりな作品の一つ」と称されています。

場所:Tate Britain 最寄駅:Pimlico駅 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック

 

324日(土)Oxford VS Cambridge Boat Races

1829年から毎年恒例のオックスフォードVSケンブリッジのボート・レース。Putney BridgeをスタートしてMortlake Bridgeでゴール。スタート地点のPutney Bridgeには両岸に巨大スクリーンが、近くのBishops Parkには屋台、ファミリーアトラクション、ビール・テントなどが設けられ、途中のHammersmith BridgeFurnivall Gardensではパブからの観戦もいいかもしれません。

場所:Putney BridgeMortlake間のテムズ川沿い スタート地点最寄駅:Putney Bridge駅 料金:無料

詳しくはこちらを→クリッ

 

3月24日(土)Oxford VS Cambridge Goat Races

オックスフォードVSケンブリッジ・ボート・レースをもじって毎年、行われるゴート(ヤギ)レース。オックスフォード、ケンブリッジと名付けられたヤギ2匹が競います。会場にはライブ音楽、フード、マーケット、ビール・カクテル・バーなどが設置されます。

場所:Spitalfields City Farm 最寄駅:Whitechapel駅 入場料:£13

詳しくはこちらを→クリック 

Spitalfields City Farmの年間イベントはこちらを→クリック

 

326日(月)~623() Chicago

15年間の公演を2012年に終了した大ヒット・ミュージカル「シカゴ」がロンドンに戻ってきます。1970年代の初演では大コケだった作品ですが近年のブロードウェイ版、ロンドン版は大成功でオスカーにも輝いたほど。今回の公演も期待されます。

場所:The Phoenix Theatre 最寄駅:Tottenham Court Road駅 料金:£23.90

詳しくはこちらを→クリック 

 

329日(木)~47日(土)My First Ballet: Swan Lake(白鳥の湖)

場所:Peacock Theatre 最寄駅:Holborn駅 料金:£10

子どもたちにバレエを親しんでもらうため英国ナショナルバレエ団と英国バレエスクールが共同で提供するMy First Balletシリーズ。もちろん大人も楽しめます!

詳しくはこちらを→クリック 

 

3月30日(金)、31日(土) Sadlers Wells Family Weekend

毎年恒例のSadlers Wellのファミリー・ウィークエンド。ダンスを気軽に楽しんでもらうキッカケづくりのため子どもだけではなく上は104才を対象にしたイベント。今年はBalletLORENTによる「ランぺルスティルツキン」。バレエ公演だけではなくダンス・ワークショップやフレイ・セッション、クラフトなどのアクティビティもあり。

場所:Sadlers Well 最寄駅:Angel駅 料金:£18

詳しくはこちらを→クリック  

 

330() The Passion of Jesus

キリストの磔を再現した「The Passion of Jesus」。トラファルガー・スクエアにて正午より90分、2回公演となっており、衣装に身を包んだ100名以上ものキャスト、ロバや馬も登場し、毎年2万人以上を引きつけています。

場所:Trafalgar Square最寄駅:Charing Cross駅 時間:正午~15:30  料金:無料

詳しくはこちらを→クリック