4月のイベント(2017年) Events in April 2017

 夏時間が始まり、イースターを迎えると更に日が長くなり、暖かくなり、公園やカフェの外のイスで太陽を楽しむ人たちが増えて、春を実感できる月です。「April Showers Bring May Flowers」(4月の雨が5月に花をもたらす)という言葉がイギリスにはありますが、年間降雨量を見ると4月は10月~1月に比べると少なく、4月の東京の半分くらい。前半は冷えることもあるのでぜひ、薄手のセーターもお持ちください。

 

4月1日(土)~17日(月)Moomin Adventures

イースター・イベントとしてKew Gardenで行われるムーミン・アドベンチャーズでは、ムーミンの散歩道、ヘムレンの失われた植物探し、等身大のムーミンに会えるむ―ミン・フェスティバル・キャンプ、ワークショップなどを楽しむことができます。

場所:Kew Garden 最寄駅:Kew Gardens駅 料金:£15.00

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月2日(日)Oxford VS Cambridge Boat Races

1829年から毎年恒例のオックスフォードVSケンブリッジのボート・レース。Putney BridgeをスタートしてMortlake Bridgeでゴール。スタート地点のPutney Bridgeには両岸に巨大スクリーンが、近くのBishops Parkには屋台、ファミリーアトラクション、ビール・テントなどが設けられ、途中のHammersmith BridgeFurnivall Gardensではパブからの観戦もいいかもしれません。

場所:Putney BridgeMortlake間のテムズ川沿い (スタート地点の)最寄駅:Putney Bridge駅 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック

 

4月2日(日)Oxford VS Cambridge Goat Races

オックスフォードVSケンブリッジ・ボート・レースをもじって毎年、行われるゴート(ヤギ)レース。オックスフォード、ケンブリッジと名付けられたヤギ2匹が競います。会場にはライブ音楽、フード、マーケット、ビール・カクテル・バーなどが設置されます。

場所:Spitalfields City Farm 最寄駅:Whitechapel駅 入場料:£13

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月6日(水)~101日(日)Queer British Art

イングランドおよびウェールにおいて同性愛が合法化されて今年25年。25周年を記念してテイト・ブリテンでは「Queer British Art」(同性愛者のブリティッシュ・アート)と題してオスカー・ワイルド、フランシス・ベーコンなど同性愛者としてよく知られているアーティストによる作品を集め、性のとらえ方セクシュアリティの表現などの変化を探る展示イベント。

場所:Take Britain 最寄駅:Pimlico駅 入場料:£16.50(寄付金なしの場合£15

こちらを→クリック 

 

4月6日(水)~9() The London Coffee Festival

今年のロンドン・コーヒー・フェスティバルはコーヒーに関連したアート・コンテストも含めての4日間イベント。昨年に引き続きコーヒー・マティーニ・パーティで幕を開け、ルク・バー、ラテ・アート、チョコレート・スクールなども用意されます。また、国内外のバリスタが£5,000の賞金をかけて世界一を競うコンテストもあり。コーヒーをメインにして、コーヒーはもちろん、ストリート・フード、コーヒーベースのカクテル、ワークショップ、試飲、ライブ音楽などを楽しむことができます。

場所:Truman Brewery 最寄駅:Aldgate East駅 料金:£16.50~(当日券は£22.50

詳しくはこちらを→クリック

 

4月7日(金)~57日(日)Game Changers: Another Way to Play

チェス、ビリヤード、迷路などのトラディッショナルなゲームから今日のエキサイティングなゲームに至るまで、何がゲームデザイナーたちに影響したのか、どのようにゲームが進化してきたのかを探り当てるイベント。リバーテラスに設けられる「世界の終わり」的なミニ・ゴルフ・コース、試合をしているとアート・ワークが繰り広げられる卓球台、腺ペストを阻止するべくチームワークを競うゲームなども用意されます。

場所:Somerset House 最寄駅:Temple駅 

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月7日(金)Friday Late Spectacular: Macho?

アーティストや専門家がドラッグ・キング(男装した女性)や男性合唱団と共に典型的なマッチョに挑み、男らしさの複雑さを堪能するThe Welcome Collectionのレイト・ナイト。イベント。ドラッグ・キングによるショー、専門家による男性の感情に関する思いこみ、ドメスティックバイオレンスなどのトークなどあり。

場所:The Welcome Collection 最寄駅:Euston Square駅またはEuston駅 料金:無料 時間:19:0011:00

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月11日(火)~22日(土)M First Ballet: Cinderella

場所:Peacock Theatre 最寄駅:Holborn駅 料金:£10

子どもたちにバレエを親しんでもらうため英国ナショナルバレエ団と英国バレエスクールが共同で提供するMy First Balletシリーズ。もちろん大人も楽しめます!

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月13日(木)~16日(日)Tall Ship Festival

イースターの週末に約30の大きな船がテムズ川にやってきます。今年はカナダ連合結成150周年の一環としてグリニッジからカナダのケベックに向けて出港。連日、グリニッジ、ウールイッチ、テムズ川ではライブ音楽など多くの催しものが行われ、最終日には船のパレードが行われ花火が打ち上げられ幕を閉じます。

場所:グリニッジおよびその周辺 料金:無料※艦船に乗るなどのイベントは有料

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月13日(木)~22日(土) Fevered Sleep: Men Girls Dance

成長しきった男性と少女が踊るとどうなるかはSiaElastic Heartプロモーション・ビデオで一目瞭然(?)パフォーマンス・カンパニーFevered Sleepがあえてそれに挑戦する「Men & Girls Dance」では地元のダンス好きの少女たちとプロとして踊る男性が文字通り(疑問を持たれることなく)「一緒に踊る」という内容。

場所:The Place 最寄駅:Euston駅 時間:14:30~または19:30分~ 料金:£1800

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月14日(金)、15日(土) Sadler’s Wells Family Weekend

毎年恒例のSadler’s Wellのファミリー・ウィークエンド。今年は多数の受賞経験のあるダンス・カンパニーAracaladanzaがレオナルド・ダ・ビンチの飛行、人体、絵画にインスピレーションを受けて作り上げた「Vuelos」。大人はもちろん子どもにも魅力的な構成です。

場所:Sadler’s Well 最寄駅:Angel駅 料金:£18(スタンダード)

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月14() The Passion of Jesus

キリストの磔を再現した「The Passion of Jesus」。トラファルガー・スクエアにて正午より90分、2回公演となっており、衣装に身を包んだ100名以上ものキャスト、ロバや馬も登場し、毎年2万人以上を引きつけています。

場所:Trafalgar Square最寄駅:Charing Cross駅 時間:正午~15:30  料金:無料

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月14()  German Bier Festival, Springfest

英国国内最大のドイツ・ビールフェスティバル。巨大な会場ではババリア(地方)ガールズがビール・ジョッキをテーブルに運びます。ビールはSchwaben Brau Meister PilsVolksfest BierSanwald What Beirなどが用意されています。オクト―バー・フェストやババリア地方をテーマにした衣装でご来場ください。賞品がもらえるかも!

場所:Alexandra Palace 最寄駅:Bounds Green駅 時間:17:00~ 料金:£16(+ブッキング代)

詳しくはこちらを→ック 

 

415日(土)~910日(火) Alice’s Adventures in Wonderland

2年前に今回と同じウォタ―ルー駅の地下、The Vaultsで行われオリバー賞を受賞したAlice’s Adventures in Wonderland。それぞれの観客に"Eat Me”または“Drink Me”の選択が与えられ、どちらを選ぶかでショーの進行が変わり、どっちの道を進むかで33部屋のうちのどの部屋を通り抜けるかが決まり、途中、おなじみのキャラクターに出会ったり、ティーパーティに参加したりします。

場所:The Vault最寄駅:Waterloo駅 料金:£54

詳しくはこちらを→クリック 

 

419日(水)~520日(土) Obsession

James M Cainの小説で映画にもなった「The Postman Always Rings Twice」(郵便配達は二度ベルを鳴らす)を基に劇場化した「Obsession」。魅力的なGino(ジュ―ド・ロウ)がGiuseppeと年の離れた若い妻・Giovannaと知り合う。GinoGiovannaは惹かれあい、ついにはGiuseppe殺害まで企てるが・・・2人の情熱は障害を生むばかり。

場所:Barbican 最寄駅:Barbican駅 料金:£16

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月21日(金)Queens Birthday Gun Salute

421日はエリザベス女王の(本当の)お誕生日、今年で91歳になられます。この日は誕生日を祝ってハイド・パークでは正午に41、ウィンザー・グレート・パークで21、ロンドン塔で午後1時に62の祝砲があがります。ロイヤル・パークでは馬のフル・ギャロップと祝砲を楽しむことができます。

611日にはオフィシャル・バースデーとしてTrooping the Colourが行われます。

場所:ハイド・パーク、ロンドン塔など 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック    

 

421日(金)Tea Dance at St Katharine Dock

毎年421日はイギリスの国家的飲み物・紅茶を祝うBritish National Tea DayKatharine Dockでは1920年から50年代のビンテージ音楽にのってみんなで踊るダンス・イベントを提供。正午~14時、17時~19時の2回のダンスレッスン・セッションもあり。場内にはケーキやお茶の準備もあり。エリザベス女王のお誕生日と同じ日、ということで午後1時のロンドン塔の62の祝砲を聞きつつ、盛り上がってください。

場所:Katharine Dock 最寄駅:Tower Hill駅 時間:12001900 料金:入場無料

詳しくはこちらを→クリック 

 

421日(金)~59日(火) Sony World Photography Award

World Photography Organisation10周年を記念して、フォトグラフィーに多大な貢献をしたアーティストに送られるOutstanding Contribution to Photography賞を受賞するMartin Parrのあまり表に出ていない作品を始め、世界中のプロ、アマチュアの作品500点を鑑賞することが可能。作品はファッションから旅行、肖像からスポーツ、報道から建築と幅広いジャンルの23万弱の作品から厳選されたものばかり。

場所:Somerset House 最寄駅:Temple駅 料金:£10

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月22日(土)Feast of St Georges Day

423日はイングランドの聖人・セント・ジョージの日。今年は一日、早くトラファルガー・スクエアにて祝います。フード、ミュージック、ダンス、ストーリー・テリングなど多くを楽しむことができる無料イベント。

場所:Trafalgar Square 最寄駅:Charing Cross駅 時間:正午~1800 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月22日(土)~79() Romeo and Juliet

英国国立オペラの芸術監督Kramerがお届けするシェイクスピアの永遠のロマンチック・ラブストーリー「ロミオとジュリエット」。630日(金)は深夜の特別マチネ公演あり。場所:Shakespeare’s Globe 最寄駅:Southwark駅 料金:£5

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月22日(土)、23() Depot Open Weekend: Secrets of Underground

は「Secrets of The Underground」(地下鉄の秘密)と題して、アクトンにあるロンドン・トランスポートの車庫を特別に一般公開。実際に利用されている車庫を見ることができるのは春と秋の年に2回。車庫では交通関連の多くのものを見たり、地下鉄にまつわる面白い話しを聞いたり、交通関係のクラフトなどを楽しむことができます。

場所:Acton Depot  最寄駅:Acton Town駅 時間:11001700 料金:£12

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月23 日(日) The London Marathon         

世界一規模の大きなチャリティイベント・ロンドンマラソン。真剣な競技選手と共にセレブ、チャリティを目的とした人、ただ楽しみたい人、約38千人が26.2マイルを走ります。レースはグリニッジ・パークからテムズ川を越えて、シティを駆け抜け、エンバンクメントや国会議事堂前を通りゴールはバッキンガム宮殿前。

時間:900

ルートなど詳しくはこちらを→クリック 

 

4月23(日)The Big London Flea         

北ロンドンで最大の屋内ビンテージ・マーケットThe Big London FleaSpitalfieldsマーケットやBermondseyマーケットの常連から自宅の不用品を売りたいセラーまで、多くの人が家具や洋服、手作作品、歴史的なものなど持ち寄ります。

場所:EPIC Dalston 最寄駅:HighburyIslington 時間:11001800 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月27日(木)93() Sergey Ponomarev: A Lens on Syria

ロシア人写真家Sergey Ponomarevのイギリスでは初となる個展。ニューヨークタイムズとロイター通信の写真家と共にグループでピューリッツァ―賞を受賞した作品2点も展示されます。

場所:The Inperial War Museum 最寄駅:Lambeth North駅 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月28(金)~107日(土) The Queen of Hoxton Rooftop Parties         

The Queen of Hoxotonのこの期間限定イベント、今年はネバーランドにインスパイアされたバイキングがテーマ。大人の責任なんて忘れて、貝殻の上でカクテルを片手に人魚と横たわったり、海賊船によじ登ったり、と想像の世界を満喫してください。

場所:The Queen of Hoxoton 最寄駅:Liverpool Street駅 時間:正午~2200 料金:入場無料※飲み物代別

詳しくはこちらを→クリック 

 

4月29日(土)Vaisakhi Festival

シーク教の新年を祝うカラフルなイベントVaisakhi Festival。フェスティバルでは古典的な宗教インド音楽からDJが盛り上げるモダン・インド・ダンスミュージック、ダンス、ベジタリアン・フードなどを楽しむことができます。フェスティバルの最後は人類の平和への祈りで締めくくられます。

場所:City Hall 最寄駅:London Bridge駅 料金:無料 時間:正午~1800

詳しくはこちらを→クリク 

 

 4月28日(金)~730日(日)Underbelly Festival Southbank

毎年、人気のUdderbelly FestivalLondon Wondergroundの2つを今年からUnderbelly Festivalとして1つにして提供。毎年も仰向けになったパープル・カラーの牛のテントの中、その周りでコメディー・ショー、芝居、キャバレー、コンサート、その他のショーやインターナショナルなストリート・フードも楽しむことができます。

場所:Southbank 最寄駅:Waterloo駅 

時間や料金など詳しくはこちらを→クリッ 

 

4月29日(土)51日(月) Canalway Cavalcade

1983年から毎年、リトル・ヴェニスで行われている運河イベント。インランド・ウォーターウェイズ・アソシエイションのボランティアが主催するもので、数多くのボート、トレード・ショー・ストール、ボート愛好家が集い、ボートアクティビティ、ダンス、競争、フード、本物のエールなどが用意され年齢に関係なく楽しめる内容となっています。お天気がよければ運河沿いの散歩も素敵です。

場所:Little Venice 最寄駅:Warwick Avenue駅またはEdgeware Road駅 料金:無料

詳しくはこちらを→クリッ