6月のイベント(2017年) Events in June 2017

6月はエリザベス女王の公式バースデーとなるトゥルーピングカラーやウィンブルドン選手権などまさにイギリスらしいイベントが目白押しです。

時間があればお友達とぜひでかけて、「これぞロンドン!」を経験してください。

 

6月1日(木)~30日(金)London Food Month

イブニング・スタンダード紙が主催して、有名なフード・ライター達がプログラムを作りだし、ロンドン中で数百の食に関するイベントが6月の間、行われます。中でもたくさんのレストラン、屋台、バーなどが軒を連ね、野外映画上映などが行われるナイト・マーケットが目玉。ナイト・マーケットはケンジントン・ガーデンズの近くにあるPerks Fieldで行われます。

 詳しいイベントや場所、時間など詳しくはこちらを→クリック

 

61日(木)~30日(金) London Festival of Architecture

毎年恒例のロンドン・フェスティバル・オブ・アーキテクチャー(建築フェスティバル)。今年のテーマは「Memory」で、ロンドン中心地でも大がかりな開発が行われているNine Elmsエリアを中心に、VauxhallBattersea周辺で建築関係のイベント、トークショー、ディスカッションや展示が行われます。

詳しくはこちらを→クリック 

 

63日(土)~828日(日)Festival of Love

今年で4回目を迎えるFestival Love。パフォーマンス、音楽、イラスト、デザインなどを通して様々なLoveを祝うイベント。会場となるSouthbank Centreで今年1年イベント「Nordic Matters」にも絡めて行われます。

 場所:Southbank Centre 最寄駅:Waterloo

日程やチケットなどく詳しくはこちらを→クリック

 

6月2日(金)~714日(金)Zoo Nights

毎週金曜日、18歳以上を対象にサファリの営業時間を延長。園内には動物に関する知識をテストするZooniversity Challenge、野生生体の違法取引に焦点を当てたForensic Trail、ゲーム感覚で楽しめるエコ・ディテクティブなどの他に、ストリート・エンターテイナー達もみなさんをお待ちしております。

 場所:ZSL London Zoo 最寄駅:Chalk Farm駅 料金:£17.50

詳しくはこちらを→クリック 

 

 6月3日(土) Field Day

今年で11回目となる毎年、多くのDJが集まる夏の野外音楽イベント。

場所:Victoria Park 最寄駅:Mile End駅 時間:11:3023:0020:30までに入場要 料金:£71.95

詳しくはこちらを→クリック 

 

6月4日(日)London 10 Miles

ロンドンの最新スポーツ・イベント。ロンドン初の10マイル競争で、リッチモンド・パークやイベントのために通行止めにした道路、10マイルを走ります。家族連れでも楽しめるように4才以上なら誰でも参加できる1マイル・コースもあり。ゴール付近では参加者はもちろん、誰でも楽しめるピクニックin theパークも設けられます。

 場所:Richmond Park 最寄駅:Richmond駅 料金:£44~※見学、ピクニックは無料

詳しくはこちらを→クリック 

  

6月5日(月)~11日(日)London Wine Week 

ロンドン内100カ所以上で割引価格にてワインをお楽しみいただけるイベント。その中でもBethnal GreenにあるOval Spaceに世界中のワインを集めた夏のワインガーデン・The Wine Edit8日、10日)が注目されます。

場所や時間など詳しくはこちらを→クリック

 

66日(火)~108日(日)Fahrelnissa Zeid

抽象画家として知られる1950年代に活躍したトルコ人アーティストFahrelsissa Zeidの展示イベント。1920年代にイスタンブールのthe Academy of Fine Artsで学んだ数少ない女性の一人で、パリでも学び、その作品にはヨーロッパ的なアプローチでイスラム、ビザンチン、ペルシャのアートが集約されています。

場所:Tate Modern 最寄駅:Southwark駅 料金:£12.50(募金なしの場合は£11.50

詳しくはこちらを→クリック

 

6月7日(水)、8日(木) Beating Retreat

エリザベス女王の公式のお誕生日のパレード・Trooping Colourの直前の水曜日、木曜日に行われるBeating RetreatHouse Guards Paradeで行われるコンサート。通常、エリザベス女王も水曜日または木曜日のいずれかのコンサートにご出席されています。

場所:Codgan Hall 最寄駅:Charing Cross駅 入場料:£20~ 時間:19:30

詳しくはこちらを→クリック

 

67日(水)~24日(木) Hampton Court Palace Festival

今年で25回目となる音楽イベント。多くのアーティストがラインナップし、園内にはドリンクやスナックなどを持参してもよし、ウェルカム・シャンペン、ワインつきディナーを含んだVIPチケットを購入するもよし。

場所:Hampton Court 最寄駅:Hampton Railway駅 料金:£45

詳しくはこちらを→クリック 

 

68日(木)~910日(日)Grayson Perry : The Most Popular Art Exhibition Ever!

68日にリオープンするサーペンタイン・ギャラリーの最初の展示イベント。現代の社会、文化における鋭いコメンテーターでもあるPerry氏が、需要、アート、男らしさ、現在の文化的特徴など多くのテーマに触れます。

 場所:Kensington Gardens 最寄駅:Lancaster Gate駅 時間:10:0018:0※月曜休館 料金:無料 

詳しくはこちらを→クリック 

 

610日(土)The World Naked Bike Ride 

文字通り裸で自転車に乗ってロンドンをかけめぐるイベント。「自転車利用者にもっと寛容になってほしい」という願いをこめて行われるイベント。が、裸には抵抗がある方はもちろん服を着て参加可能。中には自転車や体にスローガン、ペインティングを施した参加者も。ロンドン以外ではブライトン、ブリストル、カーディフ、マンチェスター、ヨーク、サザンプトンなどで似たイベントが行われます。

出発地点:Regents ParkHyde Parkなど6カ所 最寄駅、出発時間、:出発地点による 料金:無料

詳しくはこちらを→クリッ 

 

610日(土)Wine Car Boot

London Wine Weekのシメを飾るthe Wine Car BootはキングスクロスのHandyside Canopyで行われます。ロンドン内のインディペンデント・ワイン・ストールを回りながら、試飲したり、ゆっくりと座って飲んだり、気にいったらお持ちかえできたり。もちろんライブ音楽やフード・ストールも提供されます。・

 場所:Handyside Canopy 最寄駅:Kings Cross駅 時間:12002000 料金:無料 

詳しくはこちらを→クリック 

 

 610Bushstock

今年で7回目を迎えるBushstockはまだマイナーなミュージシャンの音楽フェスティバルですが、近年では会場を数カ所に設けるまでになり、なかなかの人気イベント。

料金:£27.50

 

ミュージシャンのラインナップや会場など詳しくはこちらを→クリック 

 

612日(月)~18日(日)Crystal Palace Overground Festival

今年はCrystal Palace Parkに場所を移し、より盛大に行われる予定。ローカル・コミュニティのイベントは期間を通して行われ、メインイベントは17日(土)に行われます。

 場所:Crystal Palace Park 最寄駅:Crystal Palace railway駅 時間:12002000 料金:無料 

詳しくはこちらを→クリック 

 

613日(火)~820日(日)Royal Academys Summer Exhibition

無名のアーティストやロイヤルアカデミー会員の作品を12千点以上集めて展示、紹介するイベント。お気に入りの作品を選んで投票したり、その作品を購入したりすることもできます。アカデミーのコートヤードには彫刻やオブジェが展示され、ビジターを出迎えます。

場所:Royal Academy 最寄駅:Green Park駅 料金:£14~*16才以下は無料

詳しくはこちらを→クリク 

 

614日(水)Taste of London

フード、ドリンクとエンターテイメントが同時に楽しめる5日間のフェスティバル。40以上のロンドンの最高のレストランが参加し、ミシュラン・スターのシェフがライブで料理を行い、料理レッスンが提供され、新鮮な食材を揃えたマーケットがオープンされ、場内ではイベント通貨・Crown(クラウン)でお買い物を楽しむことができます。

場所:Regent’s Park 最寄駅:Regent’s Park駅 料金:£17

詳しくはこちらを→クリッ 

 

615日(木)~18日(日)Live at Chelsea 

グラスゴー出身のロック/ポップ・バンドBelle & Sebastianで幕を開け、イタリア人ピアニストLudovicoEinaudiで幕を閉じるロング・ウィークエンド屋外コンサート。Belle & Sebastianのボーカル、スチュアート・マードックは「現代ロックンロールのかぐわしい夕べ」を約束し、Ludovico Einaudiはアフリカン音楽、ロック、エレクトロニック・サウンドに影響を受けたクラシックを提供します。

場所:Royal Hospital Chelsea 最寄駅:Sloan Square駅 料金:£35~

詳しくはこちらを→クリック 

 

615日(木)~17日(土)Free Range

英国最大の卒業作品イベントで1カ月間、無料で楽しむことができます。ロンドンを始め英国内の時代をリードする50の大学から集められたアート、ファッション・デザイン、グラフィック、イラストレーション、テキスタイル、写真などが展示されます。

場所:The Old Truman Brewery 最寄駅:Aldgate East駅 料金:無料 

詳しくはこちらを→クリック 

 

617日(土) Trooping The Colour

エリザベス女王の公式誕生日パレード。実際の誕生日は421日ですが晴天に恵まれやすいという理由で別途、国を挙げて祝う「公式誕生日」が設けられており、当日はバッキンガム宮殿前の通りでパレートが行われます。午前10時頃からThe Mallで祝賀行事を見学することができます。この日は1252分からGreen Park41回、13時からTower of Londonでは62回の祝砲があがります。

詳しくはこちらを→クリック

 

617日(土)Highgate Fair in the Square

HighgatePond Squareで行われる毎年恒例の無料イベントで今年のテーマはTropical(トロピカル)BBQなどのフードスタンドやジュエリー、クラフト、洋服、苗などを売るストールも多く出ます。

場所:Pond Square 最寄駅:Highgate駅 料金:無料 時間:12301730 

詳しくはこちらを→クリック

 

617日(土)、18日(日)The London Map Fair

国内外の約40のアンティーク・マップ・ディーラーに加えて数百人ものコレクター、キュレーター、地図愛好家などが集う世界最大のアンティーク・マップ・フェア。下は10ポンドから上は数千ポンドの地図の販売や専門ディーラーのスペシャル・マップの講義もあり。

場所:Royal Geographical Society 最寄駅:South Kensington駅 入場料:無料

詳しくはこちらを→クリック

 

617日(土)、18日(日)Open Gardens Weekend

鉄の柵がめぐらされたウエスト・ロンドンの公園からThe City内の美しいチャーチヤードまで、通常は一般公開してないところや、数年間、門を閉ざしているところも含めて、200以上の公園やスクエアがこの週末限定で一般公開となるイベント。

料金:£12

場所や最寄駅、時間など詳しくはこちらを→クリック 

 

618日(日)GrandFest

才能あるシニアが若者をインスパイアし、新しいスキルに興味を持ってもらうための一日ミニ・フスティバル。70才以上のマスタークラスが先生となり、カギ編みからレース編み、パン作りから木工まで、様々な技術を教え、Spitalfields周辺のレストラン、パブ、お店やニュージアムも参加するチャリティ・イベントです。

場所:イーストロンドンの数カ所 最寄駅:Walthamstow駅 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック 

 

618() The Great Get TogetherTheBig Lunch at Queen Elizabeth Olympic Park

今年のBig LunchJo Cox Foundationが全国展開するコミュニティとの関わり、繋がりを深めるためのチャリティのひとつで、誰でも参加することができる無料イベント。ロンドンの多様なコミュニティを世界中からの音楽、ダンス、ストーリーテリング、スポーツ、食でなどを楽しむことができます。

場所:Queen Elizabeth Olympic Park 最寄駅:Hackney Wick駅 料金:無料 時間:1200~16:00

詳しくはこちらを→クリック 

 

621日(水)~917日(日)Perfume: A Sensory Journey Through Contemporary Scent

過去20年のパヒュームの中から非常にぐれた10の香水とその作者に焦点を当て、現代の香水業界やその歴史、香りを楽しむことができるイベント。

場所:Somerset House 最寄駅:Temple駅 料金:£11

詳しくはこちらを→クリック 

 

621日(水)~24日(日)Grow London

Hampsteadで始まったこのイベント、今年はOlympiaに場所を移し、House & Garden FestivalSummer Spirit Festivalと一緒に行われます。ガーデニングが可能なのは窓際だけ、という方でも楽しめる現代のガーデニング・アイディアや珍しい植物、プランター、ガーデン家具、アクセサリー、ガーデニング道具などを提供しています。

場所:Olympia 最寄駅:Kensington Olympia駅 料金:£16~ 時間:11:00~16:00

詳しくはこちらを→クリック  

 

622日(木)~924日(日) BP Portrait Award

回を重ねるごとに人気が増しているNational Portrait GalleryBP Portrait Award1830才限定で公募し、最優秀作には£30,000が渡されるもので、昨年は80カ国から2,557作品の応募があったほど。選びぬかれた約50作品が展示されます。

場所:National Portrait Gallery 最寄駅:Leicester Square駅 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック  

 

623日(金)~78日(土) Greenwich and Dockland International Festival

2週間に渡って行われる無料フェスティバルでストリート・パフォーマンス、アートやダンスでグリニッジ中がにぎやかに。

場所:Greenwich  最寄駅:Maze Hill Railway

詳しくはこちらを→クリック 

  

624日(土)~78日(土) Pride in London

同性愛者、両性愛者、性転換者の文化を讃え、法的な権利を主張する場となるプライドは世界の多くの都市で行われていますが、ロンドンでは624日からイベントが始まり、カラフルなパレードは78にベイカ―ストリートオックスフォードストリート、リージェントストリートを経由しトラファルガースクエアを練り歩きます。

詳しくはこちらを→クリック 

 

625日(日) London Hong Kong Dragon Boat Festival

今年で20回目を迎える中国文化を楽しめる一日イベント。優勝カップをかけて40チームが挑むドラゴン・ボート・レースや獅子舞、ライブ音楽、武道の実演、そしてチャイニーズ・フードはもちろん、ジャパニーズ、コリアン、インディアンといったフードマーケットも楽しむことができます。

場所:London Regatta Centre 最寄駅:Silverthorne and London City Airport Railway駅 料金:無料

詳しくはこちらを→クリック 

 

 630日(金)~76日(木)British Summer Time Hyde Park

今年で5回目を迎え、Phil CollinsGreen DayKings of LeonJustin Bieberを始め多くのアーティストがイベントを盛り上げます。月曜日、火曜日、水曜日、金曜日は入場無料の野外映画上映、DJ、スポーツ・セッションなども提供されます。

場所:Hyde Park 最寄駅:Hyde Park駅 料金:£65~

詳しくはこちらを→クリック